KAMARQ

THEME

KAMARQは「FURNITURE 2.0」を
標榜しています。

「FURNITURE 2.0」とは、家具のあり方を、
素材、製造、流通、価格、
IT/IoT化の面から再定義し、

さらにそこから生み出される世界観でさえも
イメージして家具を製造/販売する行いで、

その実現に向けて
「家具」「IoT」「サブスクリプション」の
事業テーマに取り組んでいます。

家具

KAMARQは、厳しい基準が求められる
日本企業向け家具のOEM/ODM生産を

インドネシアで行うノウハウがあります。

世の中では、トレンドを採り入れた
低価格な服を大量に生産し、

短いサイクルで販売する
ファストファッションが注目を集めています。

しかし、低コスト大量生産には、
環境破壊や品質の低下といった側面を伴います。

KAMARQでは、
低コスト大量生産による環境破壊や

品質低下の問題に対応するために、

材料となる木材は
高品質なものを選ぶことはもちろん、

過剰な伐採による環境破壊を考え、

住宅の廃材や間伐材を使って
ファイバーやチップで固めて強度を保った原材料や、

低ホルムアルデヒド、シックハウス対策が
なされた原材料も取り入れています。

コストを抑えて製品を提供する努力をしながら、

エコフレンドリーなもの作りを実現します。

IoT

KAMARQがIoT事業で大切にしていることは、

利用者がIoTを特別なものと意識せず、
生活の中で自然に使えるということです。

そのために、KAMARQは
小型化した特殊なゲートウェイ

(※モノがインターネットと繋がるために
異なる規格のプロトコルを集約/変換する装置)
を独自に開発し、
家具の見た目、
使い勝手を損なわないように
することを選択しました。


そこで、KAMARQの初期プロダクトである
SOUND TABLE用に
アンプ機能、
3G通信可能なゲートウェイ
「MOSES」を開発。MEMORY DOOR用には、

温度・湿度・照度・開閉を感知するセンサー搭載、

Wi-Fi通信可能なゲートウェイ
「MONOLITH」を開発しました。

ゲートウェイ内のソフトウェアや、

ゲートウェイとクラウド間の
セキュアな通信技術も独自に開発しています。
このゲートウェイは、
ソフトウェアをアップデートしていくことで進化し、

他社のプロダクトやサービスと
つながることができます。

これによりKAMARQは、
将来KAMARQが開発したゲートウェイを介して

家中のモノがつながっていく世界を目指します。

サブスクリプション

近年、音楽やソフトウェアといった
デジタルデータでは
すでに
サブスクリプションモデルが常識となっており、

シェアリングサービスの普及により洋服や車、
住宅といった形のあるモノに対しても、

所有から利用へと
人々の意識が変わってきています。

そこで、KAMARQは、

一般的には購入して所有することが
当たり前だと思われてきた家具にも

サブスクリプションモデルを適用することで、

もっと自由な使い方ができるようになるのでは
と考えました。

たとえば、月々の利用料を支払うことで、

KAMARQオリジナル家具を使いたい期間だけ
気軽に利用することができ、

引越しや結婚、子供が生まれたなど、

ライフスタイルの変化に合わせて
家具を他の家具に交換できます。

これにより、KAMARQは、
「家具を所有する」という価値観を

「家具を利用する」へと変え、
新しい家具との付き合い方を提案していきます。